こちらは 劇団 座・どてかぼちゃ のブログです

2015年度  作品No.12  「びんぼうがみさま」

日本昔話


あらすじ
夫婦そろって餅のひとつもない貧乏な大晦日。せめて掃除でもしようと、何も入っていないはずの押入れを開けてびっくり。そこに住み着いていたのは、なんと『びんぼうがみ』。一生懸命畑を耕してもろくな作物が取れず、魚釣りや狩りに行っても獲物が取れないのは、みんなびんぼうがみのせい!? なんとかびんぼうがみを追い出したい夫婦だが、「わしが金を出すから一緒に酒を飲もう」と逆に誘われ、なぜか年越しの祝いをすることに。そこで聞いたイイ話とは・・・? びんぼうがみが本当に好きなものはいったいなんだろう?


おもいで
昔話ですから伝承によって多少話の流れが違っていたりするのですが、追い出すのではなくびんぼうがみが自分で出ていく方向で話を作りました。溜息をついて悲観的に過ごすのではなく、前を向いてポジティブに暮らしていきましょう、という話になったはず・・・。でもそこで終わらないのがどてかぼちゃ流。最後に家を出ていったビンちゃんが客席に向かって「みなさん、いっぱい溜息ついてね~」とお誘いするシーンが受けました。反応がいいとさらにノリノリになっちゃうビンちゃんの独壇場でしたね。



びんぼうがみさま 全員








 

しとしと雨模様のお天気の中、あずみ苑公演が終了しました!


『びんぼうがみさま』のラストだよ・・・。


なかなか面白くてとてもいい作品になったので、終わってしまうのは残念だな。
小さいお子さんには泣かれてしまったけど、小学生以上大人の皆さまには笑っていただけたので
自分たちも演じててリラックスして楽しくやれた作品でした。
 

どんなふうにリラックスできてたかというと?


「続きを読む」からどうぞ。



 続きを読む


我孫子市のケアプラザ柴崎にて、「びんぼうがみさま」の6回目の上演が終了しました。 


こちらに伺うのは、2011年の7月以来、5年ぶりですが、
前回と変わらず、元気なお年寄りの方々が楽しんでくださいました。

準備に手間取って、開演時間が5分ほど押してしまって申し訳なかったです


どんな公演だったのか、「続きを読む」からどうぞ。続きを読む

ご無沙汰しております……


2016年度が始まったというのに、気づけば
2015年の『びんぼうがみさま』を何にもUpしてないよ


役者3人で寂しくなるかと思ったこの作品、
思いのほか楽しくお客様受けする作品になりました。
何と言っても、功労者は

びんちゃんこと、貧乏神ですよね。


登場するだけで笑いを取り、
若妻あいてにセクハラしほうだい、
3人のかみさまを捕まえたら金が手に入るぞ~と、口先三寸で夫婦をだまし。
やりたい放題の貧乏神。


この貧乏神をどうやったら追い払えるのか



公演は、
10/24 中央学院大学あびこ祭出演(2回公演)に始まり、
11/13 ぽけっとランドあびこ保育園、
2/4  わだ幼稚園
3/8  久寺家きらめきサロン

そしてこれからも、

5/16 ケアプラザ柴崎
5/30 あずみ苑
6/15 な~んちゃって芸術祭(DVD上映)

へと続きます。
2016年度の新作を作りながら、もう少し『びんぼうがみさま』の世界に浸れる。
楽しい一ヵ月になりそうです♪


では、どんな公演だったのか、「続きを読む」からどうぞ。


 
続きを読む

2014年度 再演 「みしのたくかにと」

あらすじはこちら

こどもたちだらけだった初演と違って、なぜかメイドさんだらけになっている(笑)

それと、お姫様が都合で王子様に変更。
また、人数減により養育係がなくなり、大臣と家来のみ。


みしのたくかにと 再演 集合写真
 

このページのトップヘ