こちらは 劇団 座・どてかぼちゃ のブログです

2014年12月


来週のシティア公演を控え、今日は年内最後の練習日。

午前中に練習をみっちり?やって、ランチタイムに忘年会をしました。


bounenkailunch12-15





前もって注文しておいた、
お寿司やサンドイッチ、フルーツのほかに、
自由に持ち寄ったお菓子やおかず類で
か~な~り豪華になりましたよ。

その中には、


「みしのたくかにとがどっさり入ったパイ」


「ピーマン(丸ごとではないけど)のゼリー」


「パルミジャーノ王子や、マスカルポーネ王妃のカナッペ」


もありました


再現率、すごいでしょ


楽しく、笑って食べて、英気を養いました。

これで、来週の本番もばっちり



気づいたらもう師走も半ば。

怒涛のように、3ケ所の公演が終了しました。


11/26 高野山小学校わんぱくタイム

12/5 ま~みぃ's

12/8 あらき園


練習する暇もなく、次の本番へ……というスケジュールは
お芝居の感覚を忘れずに済むので嬉しい反面、

公演場所の条件によって演出を変えなければならないことがある
そりゃーもう大変です。

今回の、小学校での公演はまさにそれ。
30分以内で終わらせなければならない制約があるのに、
「みしのたくかにと」は今のところ37分程度の長さがあるのです。

そして、ま~みぃ'sさんの公演は、10年振りぐらいになるシアター形式の舞台。
客席とステージ、調光室、緞帳のあるところです。
こんなところでできるのに、リハーサル時間が取れなくてぶっつけ本番。

あらき園さんは、何度もうかがわせていただいてますが、
食堂を使わせていただく関係上、とても横に長い(但し奥行きが短い)舞台になってしまいます。
横に長いということは、それだけ舞台上で歩数が増えるということ。
つまり、出のきっかけを早めに取らなければ、タイミングよくお芝居を進められないということです。


場所による演出の違いをどうこなすか??


詳しくは、「続きを読む」からどうぞ。




続きを読む

このページのトップヘ